FC2ブログ

  グリーンスムージーミキサー情報局

グリーンスムージーミキサーの比較や、グリーンスムージーのミキサーのおすすめ人気商品を紹介。スムージーミキサーのランキングやボトルの紹介も。一問一答では、スムージーのミキサーの選び方など様々な疑問に回答。

グリーンスムージーを作るには、ミキサー、フードプロセッサー、ハンドブレンダー、どれがいいのか。

グリーンスムージーを作るのにミキサーを使うのが一般的ですが、中にはハンドブレンダーを使う人もいます。

■グリーンスムージーを作る道具がよく分からない。

まず、道具を何も持っていない人が、グリーンスムージーを作るために何を買えばいいかと考えた時に迷われるのが、ミキサー、フードプロセッサー、ハンドブレンダー、いろいろあるみたいだけれど、どれがいいんだろう?ということではないでしょうか。

グリーンスムージーを作る道具


その答えとしては、グリーンスムージー作りは基本的にはミキサーです。ミキサーは、言ってしまえばグリーンスムージーやスムージーを作るための調理器具です。スムージーを含むジュース全般を作ることに特化した調理器具がミキサーです。

■ミキサー以外ではグリーンスムージーは作れないのか。

では、フードプロセッサーはどうなのか。フードプロセッサーはその名前が示すとおり、フード(食べ物)をプロセッサー(処理)する、つまり食べ物全般を処理・下ごしらえ等するための道具です。

フードプロセッサーはアタッチメントが付属しているものが多く、結構いろいろ出来ます。基本は野菜・肉・魚などのみじん切りで、ハンバーグ生地やつくね・つみれ作りに使われることが多いですが、、冷凍した果物などでシャーベットを作ったりもできますし、アタッチメントを変えて、パン生地をこねたり、大根おろしやとろろを作ったりなどができます。温度管理が重要なパイ生地作りでのバターの練りこみなど、お菓子作りでもフードプロセッサーが便利です。中には、キャベツなどの千切り、キュウリなどのスライス、ホイップクリームやメレンゲを作ることができる多機能なフードプロセッサーもあります。

そして肝心のスムージーについては、フードプロセッサーでもスムージーは作れないこともないですが、水分が多くなるとよくありません。一般的にミキサーは必ず水分を入れて使うようにと取扱説明書に書かれていますが、逆にフードプロセッサーは水を入れずに使うことを前提としています。ですので、フードプロセッサーを使って完全な液体状である「ジュース」を作るとなるとそれは本来の用途からは外れます。刃の取り付け部分から漏れてしまいます。ですが、最近のフードプロセッサーの中には、液体調理も可能なタイプも発売されています。刃の取り付け部に穴がない、ボウルタイプの容器を採用したものです。ただ、スムージー作りにおいては、確かに作る事はできるが専門分野の調理器具であるミキサーにはかなわないといった感じのようです。ワット数でもフードプロセッサーはあまり大きなものがなく、140w~180w程度、ハイパワーのもので320wのものがあるといった感じです。

ブランド別にフードプロセッサーを紹介
スムージーの作れるフードプロセッサー・液体調理可能モデル


■ハンドブレンダーで作るグリーンスムージーは大変?

ではハンドブレンダーではどうなのか。ハンドブレンダーはスティックブレンダーとも呼ばれますが、スティックタイプのミキサーで、鍋などに直接入れて使うことができる点で画期的な調理器具です。ハンドブレンダーの最大の魅力がそこにあります。鍋で野菜などを柔らかく煮込んだものを、別容器に移すことなくそのままハンドブレンダーを鍋に入れてつぶしたり混ぜたり(ペーストにしたりスープにしたり)することができます。

スムージー、スープ、ディップ、ペースト、マヨネーズ、ドレッシングなどを作るのに手軽に使えるのが魅力です。さらにハンドブレンダーの多機能な機種になると、アタッチメントを取り替えることで出来ることが様々に増えます。ホイップクリーム作りや卵白の泡立て、生地をこねたり、千切り、スライスなど。自分の求める機能に合わせて、多機能タイプにするかシンプルなスタンダードモデルにするか選ぶことになります。

スムージーもカップ容器に材料を入れておいて、そこに上からハンドブレンダーを押し入れてつぶしながら作ることができます。ただ、量が多いものを調理するのには向きません。そして手で持って使うものなので、ミキサーのようにスイッチを押したら待っているだけというわけにはいかず、材料をぐいぐい押しながらスムージー状にするにはわりと力がいります。繊維質の手ごわい生の葉物野菜を使うグリーンスムージー作りでは、仕上がりの滑らかさもミキサーのハイパワーな機種にはかないません。ある程度の量を滑らかなスムージーにするのにはミキサーを選ぶのが無難です。

ハンドブレンダーはその手軽さでいろいろできるのが便利です。ついでにスムージー作りにも使いたい、ということならハンドブレンダーがおすすめですが、グリーンスムージーを作るのが主な目的ならば、特に生の葉物野菜を使う場合は、ミキサーを選択するのが王道です。

毎日グリーンスムージーを作るようなら、材料を好きなようにボトルにつめてスイッチを押すだけという手軽さは、ミキサーの右に出る調理器具はないでしょう。

ハンドブレンダー(スティックブレンダー)の比較



それぞれの主な機能のおさらい。

■ミキサー

スムージー、グリーンスムージー、ジュース、スープなどが基本。
付属のミルがあれば、マヨネーズ、ディップ類、ドレッシング、ペースト、豆類・にぼし・茶葉などの乾物を粉末にするなどが出来ます。

■フードプロセッサー

みじん切り、ミンチ、ひき肉、シャーベットなどが基本。
刃を替えることで、大根おろしやとろろ、パン生地をこねることもできます。多機能なものでは、ホイップクリームやメレンゲ作り、千切りやスライスも可能です。

■ハンドブレンダー

マヨネーズ、ディップ、ソース、ペースト、ドレッシング、スムージー、ひき肉などが基本。
アタッチメントがあれば付け替えることで、野菜のみじん切り、ハンバーグや餃子のタネ作り生地をこねる、スライス、千切り、泡だても出来ます。(つぶす/まぜる/きざむ/泡立てる/こねる/スライス/千切り)

スポンサードリンク




  1. written by グリーンスムージーミキサー情報局
  2. url|
  3. グリーンスムージーを作る道具に迷う|