FC2ブログ

  グリーンスムージーミキサー情報局

グリーンスムージーミキサーの比較や、グリーンスムージーのミキサーのおすすめ人気商品を紹介。スムージーミキサーのランキングやボトルの紹介も。一問一答では、スムージーのミキサーの選び方など様々な疑問に回答。

グリーンスムージーミキサーの選び方

グリーンスムージーミキサーについての、様々な疑問に、一問一答の形で回答します。

スムージーを作るのは、ミキサーですか?ブレンダーですか?
スムージーを作るのはミキサーです。ハンドブレンダーでも作れますが、ミキサーで作るのが一般的です。また、海外メーカーでは、ミキサーのことをブレンダーと呼びます。

ジューサーとミキサーの違いは何ですか?
ミキサーは材料をまるごと粉砕して液体状(ドリンク状)にします。ジューサーは、材料から水分(果汁など)だけを絞りとる道具です。そのためジューサーは搾りカスが出ます。

グリーンスムージーを作るためのミキサーはどんなものがいいですか?
グリーンスムージーを作るためには、パワーが強いミキサーほど、グリーンスムージー向きのミキサーだと言えます。葉物野菜の繊維質が舌に残らないようミキサーにかける必要があり、「滑らかな舌触りのよさ」はおいしさに直結します。ミキサーのパワーが強ければ強いほどいいでしょう。

グリーンスムージーを作るミキサーとして、これなら間違いないというものはありますか?
バイタミックス(Vitamix)のミキサー が有名で、レストランでも使われたり、芸能人の間でも利用者が多いことで知られています。パワーが桁違いに強い(900w)、連続使用が可能な時間が長い、一度にミキシングできる容量が多い(2リットル)、様々な点がその他のミキサーと段違いですが、値段が高いです(79800円)。ですが、バイタミックスは、グリーンスムージーミキサーの決定版とも言える人気商品であり、値段ゆえ、憧れの商品です。

グリーンスムージーは、ヴァイタミックス(vitamix)でなくても作れますか?
グリーンスムージーは、ヴァイタミックス(vitamix)のミキサーでなくても作れます。さまざまなお手頃な価格のミキサーやハンドブレンダーと呼ばれる調理器具などで作られています。ビタントニオのスムージーミキサーなどは1万円ほどで、かなりのハイパワーのミキサーで、人気商品です。ですが、あまりパワーのないミキサーでグリーンスムージーを作ると、材料によっては舌触りの悪い出来上がりとなるので、ある程度のパワーがあるものをおすすめします。

グリーンスムージーを作るミキサーは、どの程度のパワーが必要ですか?
120wくらいから900w程度まで、様々なパワーのミキサーがありますが、240w程度以上が理想です。国内メーカーのミキサーが、だいたいこのくらいのパワーです。購入者の口コミでも満足度は高いです。しかし120wでも、グリーンスムージーは作れます。出来上がりにどの程度こだわるかどうかです。

パワーのないミキサーでは、出来上がりがみじん切りレベルになると聞いたのですが?
160w程度以上のミキサーならば、そんなことはありません。高価なミキサーを買わせたいための、まったくのでたらめです。基本的にミキサーというのは、材料を粉砕してジュースを作ることに特化した調理道具です。240w程度の国内メーカーのミキサーならば、なおさらです。商品ページに寄せられた、購入者の口コミを見れば明らかです。ミキサーを使っていながら「みじん切りレベル」などということはありません。

パワーがないミキサーだと、刃が空転してしまうため、何度も材料をかき混ぜないとならなくなると聞いたのですが?
パワーのないミキサーでも、そんなことはありません。これもまったくのでたらめです。刃が空転してしまう理由としてまず考えられるのは、材料が大きすぎるために下に落ちていかないというケースです。これは、ハイパワーミキサーでも同様のことはおきます。この場合は、材料をもう少し小さく、ある程度のサイズにカットしてあげれば大丈夫です。ミキサーの回し方も、初めのうちは、「ガッガッガッ」と小刻みに回すと、材料がよく混ざります。また、ミキサーの空転の原因として、材料の水分が少なすぎる場合も考えられます。その場合は、水を加えてみましょう。

安いミキサーでも、気軽にグリーンスムージーを楽しむことはできますか?
もちろんです。グリーンスムージーは、誰にでも、手軽に簡単に作ることができます。材料は果物と緑の葉野菜と水だけ。(私は水をいれず、果物の水分だけで作る濃厚なスムージーが好きです。)材料をミキサーに入れたら、後は回すだけです。高価なミキサーでなくても大丈夫です。たくさんの人が、それぞれのミキサーで、グリーンスムージーを楽しんでいます。繰り返しになりますが、基本的にどんなミキサーでもよいのです。

グリーンスムージーミキサーは、値段はいくら位しますか?
4・5千円くらいから1万円前後が人気があるようです。国内メーカーのもので人気のあるものでは、5・6千円くらいで、特にパナソニックのファイバーミキサーシリーズが人気があります。値段の高いものでは、海外メーカーのバイタミックスのミキサーなどは8万円近くします。安いものをさがせば2千円以下でもあります。テスコムのエントリーモデルなどが安いです。ピンきりです。

スムージーミキサーの価格・値段の違いはどうしてですか?
値段が高いものほど、モーターのパワーが強い傾向があります。お手頃な価格のものでは、200w前後クラスが多いですが、一万円前後では500w近くのパワーがあり、レストランでも使われていることで知られるヴァイタミックスになると、900wとなっています。また、安価なものでは、連続使用時間に制限があるものもあります。パワーの弱いミキサーでは、繊維質が多い材料をミキサーにかけた場合、長時間ミキサーを回しても、繊維質が残ったままになりやすく、出来上がりのクリーミーさに違いが生まれます。

業務用のグリーンスムージーミキサーはありますか?
ヴァイタミックス(vitamix)のミキサーがレストランでよく使われているミキサーとして知られています。

ボトルはガラス製がいいんですか?
ガラス製でなくてはならないことはありません。ガラス製はコストが安いため、よく使われます。ですが、重いです。高価なミキサーとして知られるバイタミックスのミキサーでは、ボトルに使われている材質はコポリエステルという樹脂素材です。強度もあり、軽く、熱にも強いです。

グリーンスムージーミキサー徹底比較
おすすめグリーンスムージーミキサー

  1. written by グリーンスムージーミキサー情報局
  2. url|
  3. グリーンスムージーミキサー一問一答|


こんなグリーンスムージーミキサーはありますか?

欲しい一台がすぐ分かる。「こんなグリーンスムージーミキサーはありますか?」に答えます。

グリーンスムージー専門店と同じレベルのものが作れるグリーンスムージーミキサーはありますか?
バイタミックスのミキサーがおすすめです(バイタミックスTNC5200)。業務用としても使われるグリーンスムージーミキサーです。

(詳細:高性能ハイパワーなグリーンスムージーミキサー

あまり高いものは買えませんが、おいしいグリーンスムージーが作れるなら、そこそこお金はかけたいのですが、いいグリーンスムージーミキサーはありますか?
ラッセルホブスやビタントニオのミキサーがおすすめです。特にビタントニオのミキサーなら、1万円前後で手に入ります。

(詳細:バイタミックス以外で高性能なグリーンスムージーミキサー。)

家族の分のグリーンスムージーを一度に作りたいので、大容量のグリーンスムージーミキサーはありますか?
バイタミックスのTNC5200ならコンテナ(ボトル容量)は2リットル、ラッセルホブスの14071JPなら1.5リットルです。その他のミキサーは、1リットル以下がほとんどです。

子供が小さいので、間違ってミキサーに手をいれないか心配です。安全性の高いミキサーはありますか?
パナソニック、象印、タイガーなどの、国内メーカーのグリーンスムージーミキサーがおすすめです。フタを閉めないと回転しない安全装置がついています。また小さいサイズのミキサーになりますが、「TIGER ミキサー SKR-J250-RB」なら、スイッチのオンオフが、フタの上から押さえることで操作する構造になっていて安全です。

(詳細:国内メーカーのグリーンスムージーミキサー紹介。)
(詳細:小さいタイプのグリーンスムージーミキサー紹介。)

とにかく安いグリーンスムージーミキサーがいいんですが、性能も最低限は必要です。いいものはありますか?
テスコムのミキサーがお手頃価格で評判がいいです。定価はそれなりにするようですが、アマゾンでの割引率が高いので、シンプルなモデルなら2千円ちょいで手に入れられると思います。テスコムのミキサーは、様々な安いミキサーの中でも特に評判がよく、同じような価格帯のミキサーの中では特に人気があります。

(詳細:お手頃価格のグリーンスムージーミキサー

私はおしゃれな一人暮らしをしているのですが、省スペースな小さくてかわいいグリーンスムージーミキサーはありますか?
とくに小さなものでは、「レコルト・カプセルカッター」が群を抜いています。名前にもカプセルという言葉を含んでいるように、コンパクトで独特のフォルムを持つ、かわいらしい機種です。3色展開です。ただ、ミキサーというよりはフードプロセッサーよりでありため、そのあたりの注意は必要です。他に小さいものでは、「レコルトのソロブレンダー」、「ティファールのミキサー ミニマルチ」などは、デザインもポップでカラーリングが特徴的です。このあたりは、おしゃれなセレクトショップなどでもよく置いているミキサーです。それぞれ、4色展開、2色展開と、多数の色から選ぶことができます。「タイガーの小さいタイプのミキサー」もかなりコンパクトです。

(詳細:小さいタイプのグリーンスムージーミキサー紹介。)

ボトル容量も十分あって、デザインもおしゃれなグリーンスムージーミキサーはどんなものがありますか?
クイジナートのコンパクトブレンダーならパワーもありボトル容量は800ml、シャープなデザインにボトル素材は割れないシャンパングラスに使われるトライタンを使い、タッチライトにはLEDライトが使われていたりと、かなり凝っています。メタリックなデザインを採用するメーカーの「ラッセルホブスの14071JP」や、ビタントニオのミキサーなども、パワー、ボトル用量を備えつつデザイン性が高いミキサーとして挙げられるかと思います。テスコムのTM8100なども、低価格帯でありながらボトル容量も備えて、メタリックなボディデザインは評価が高いです。

  1. written by グリーンスムージーミキサー情報局
  2. url|
  3. グリーンスムージーミキサーの種類|


グリーンスムージーのおすすめミキサー

おすすめのグリーンスムージーのミキサーの紹介です。(2017年)

数年前からグリーンスムージー用に便利なミキサーが続々と発売されています。「グリーンスムージーミキサーの選び方(一問一答)」のページで、なんとなくどんなミキサーが欲しいのかイメージが出来たでしょうか?

■ミキサーの種類が多くて、どれがいいのか分からない。

たくさん種類がありすぎて、どれがいいかよく分からないという方には、「グリーンスムージーミキサー徹底比較」のページが参考になるかと思いますが、あらためて、おすすめのグリーンスムージー用に使えるミキサーを紹介したいと思います。

グリーンスムージーの材料

≫続きを読む
  1. written by グリーンスムージーミキサー情報局
  2. url|
  3. グリーンスムージーミキサー比較|