FC2ブログ

  グリーンスムージーミキサー情報局

グリーンスムージーミキサーの比較や、グリーンスムージーのミキサーのおすすめ人気商品を紹介。スムージーミキサーのランキングやボトルの紹介も。一問一答では、スムージーのミキサーの選び方など様々な疑問に回答。

グリーンスムージーボトルについて(比較と解説)

グリーンスムージーボトルはありますか?
グリーンスムージー専用というものはありませんが、一般的にグリーンスムージー用として使われているボトルとしては、広口のナルゲンのボトルが人気があります。広口タイプのボトルなら、作ったグリーンスムージーを注ぐのが楽ですし、洗うのも楽です。粘度の高いグリーンスムージーを飲むのにもむいているボトルです。「グリーンスムージーボトル」とか「グリーンスムージージャグ」として売られているものは、ロゴを入れて呼称を変えているだけの違いで、特別な機能の違いがあるわけではないようです。

グリーンスムージー用におすすめのボトルはどんなものがありますか?
ナルゲンの広口ボトルがおすすめです。1リットルタイプでボトル本体の耐熱耐冷温度が、マイナス20度から100度までという、「nalgene(ナルゲン) 広口1.0L トライタン」などです。(ページ下参照)。耐熱温度は食器洗い機を使う場合には注意したい項目ですが、基本的にはこういったプラスチック製ボトルは取扱説明書では食洗器の使用を不可としていることが多いです。暖かいものを入れられるかどうかの参考にする程度がいいでしょう。材質のトライタンというプラスチックは、強度があり、熱にも強く軽いので、ボトルが空になれば軽いので持ち帰りも楽です。

ボトルのサイズはどれぐらいがいいですか?
一般的なのは500mlサイズのボトルです。よく売れているサイズは、500mlサイズと1000mlサイズです。1000mlと500mlの2つのサイズのボトルを用意して使い分けるのが便利ですが、どちらか一つのサイズを選ぶなら、1リットルを選んでおくのが無難かもしれません。このサイズなら、たいていの場合、作ったスムージーを丸ごと入れて外出できます。ただ、500mlの携帯性のよさも捨てがたいところです。かさばらないので持ち運びの負担が少ないです。1リットルのグリーンスムージーを持ち運ぶならば、500mlボトルで2本にした方がいいという方もいます。(洗うのは面倒かもしれませんが。)朝グリーンスムージーを作って家である程度を飲み、残りをボトルに入れて外出するという習慣にするなら、500mlで十分かと思います。

≫続きを読む
スポンサードリンク




  1. written by グリーンスムージーミキサー情報局
  2. url|
  3. グリーンスムージーボトルについて|