FC2ブログ

  グリーンスムージーミキサー情報局

グリーンスムージーミキサーの比較や、グリーンスムージーのミキサーのおすすめ人気商品を紹介。スムージーミキサーのランキングやボトルの紹介も。一問一答では、スムージーのミキサーの選び方など様々な疑問に回答。

野菜ジュースを作るミキサーとは?

ミキサーを使って野菜ジュースを作りましょう。野菜ジュースを作るには、ミキサーがあれば作ることができます。

ミキサーで野菜ジュースやスムージー作り

ミキサーはいろいろな種類が発売されていて、ネットショップを利用して通販で買うことができます。さてどんなミキサーがいいのでしょうか。野菜ジュースを作るためのミキサーの紹介や比較、注意点などの説明をしていきます。

■そもそも野菜ジュースとは?

まず、野菜ジュースというと、どういったものを思い浮かべるでしょうか。コンビニなどで紙パックやペットボトルで売られている野菜ジュースでしょうか。

■「野菜30パーセント、果物70パーセント」

市販の野菜ジュースとしてコンビニやスーパーで売られているものは、「野菜30パーセント、果物70パーセント」というような感じのものが多いですよね。野菜と果物をあわせて作られています。野菜100パーセント、というようなものはまず見たことがないと思います。トマトジュースの場合ですと「トマト100パーセント」になりますが、たいていは野菜と果物から野菜ジュースは作られています。というのも、野菜だけから水分を絞って同量の野菜ジュースを作るとなると、あまりにも大量の野菜が必要になってしまいますし、これでは甘さもたりず、おいしくないからなのです。果物に比べて野菜はあまり水分が多くありませんし、飲みやすい味にするには、果物の甘さなどを加えて味を調整する必要があるのです。値段の面からもそうです。野菜だけで野菜ジュースを作ると値段が高くなりすぎてしまいます。果物を使うことで値段を抑えることができます。

■ビタミンの失われた野菜ジュース

こうして野菜と果物を使って野菜ジュースは作られますが、市販のものは、基本的にいったん加熱処理しているので、ビタミンなどの栄養分が失われていることがあります。まっとうな野菜ジュースの中には、最近の傾向として、後からビタミン類を添加しているものもあります。自分で野菜ジュースを作るなら、加熱によってビタミン類を損なうことはありません。

■自分で野菜ジュースを作るメリット・食物繊維

自分でミキサーを使って野菜ジュースを作れば、加熱によるビタミンの損失もなく野菜ジュースを作ることができますが、もう一つメリットがあります。それは食物繊維を捨てずに野菜ジュースを作ることができるということです。

≫続きを読む
スポンサードリンク




  1. written by グリーンスムージーミキサー情報局
  2. url|
  3. 野菜ジュースを作るミキサー|